メニュー閉じる

ウラゴマダラシジミ

平地から山地まで広く分布(ぶんぷする,年1回,5〜7(がつにかけてあらわれ,寒冷(かんれい地や山地では8(がつまで見られるチョウ。北海道に(さんするものは一般(いっぱんに小さく,また四国(さんは後ろ羽の表がほとんど黒色になる。夕方から活発に(びまわる。(たまご越冬(えっとうし,翌年(よくねんの春,食樹(しょくじゅ新芽(しんめがでるころにふ化する。食樹(しょくじゅはモクセイ科のイボタノキ,ミヤマイボタ,ハシドイなど。開張(かいちょう:40〜45mm。(られる時期(じき:5〜7(がつ分布(ぶんぷ北海道(ほっかいどう本州(ほんしゅう四国(しこく九州(きゅうしゅう。(昆虫類(こんちゅうるい チョウ(もく シジミチョウ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP