メニュー閉じる

うんどうりょうほぞんのほうそく【運動量保存の法則】

いくつかの物体がたがいに力をおよぼしあって運動するとき,外から力が(はたらかなければ,運動(りょう総和(そうわはつねに一定にたもたれるという法則(ほうそく。たとえば,一直線上を速度v1v2で運動するそれぞれ質量(しつりょうm1m2の物体が衝突(しょうとつし,それぞれ速度v1′v2′になったとすると,m1v1+m2v2m1v1′+m2v2′がなりたつ。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP