メニュー閉じる

エスエフティーエス【SFTS】

重症熱性(じゅうしょうねっせい血小板減少症候群(げんしょうしょうこうぐん高熱(こうねつと消化器系(きけい症状(しょうじょう,血小板・白血球の急減(きゅうげんがおこり,重症(じゅうしょうの場合は死亡(しぼうする感染症(かんせんしょう。野外に一般的(いっぱんてきに生息するマダニ(るい宿主(しゅくしゅとするブニヤウイルス科のSFTSウイルスの感染(かんせんによって発症(はっしょうする。ダニにかまれたり,感染(かんせんしたヒトからヒトへの血液(けつえき体液接触(たいえきせっしょくでも感染(かんせん報告(ほうこくされている。潜伏(せんぷく期間は6日〜2週間程度(ていど,38度以上(いじょう高熱(こうねつを発し,下痢(げり・おうと・下血などの症状(しょうじょうが出て,髄膜炎(ずいまくえんをおこすこともある。血小板・白血球が急減(きゅうげんし,多臓器不全(たぞうきふぜんもおこす。致死率(ちしりつは10〜30%。◇2011年,中国中部の患者(かんじゃからウイルスが特定(とくていされた。それ以降(いこう,日本でも数年にさかのぼって発症(はっしょう死亡例(しぼうれい報告(ほうこくされている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP