メニュー閉じる

えた・ひにん

近世において,武士(ぶし百姓(ひゃくしょう町人(ちょうにんとは(べつの身分として不当(ふとう差別(さべつされた人々。支配(しはい者が身分制度(せいど固定(こてい維持(いじするためにつくりだしたもので,これらの人たちは職業(しょくぎょう(む場所を制限(せいげんされ,他の身分の人々との交際(こうさいもゆるされず,社会的(しゃかいてきにきびしい差別(さべつを受けた。一方,芸能や,治安を守るなどの社会に役立つ仕事もしていた。現在(げんざいもなお,社会的偏見(しゃかいてきへんけん不当(ふとう差別(さべつがのこっており,その解消(かいしょうにむけての努力(どりょく,運動が行われている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP