メニュー閉じる

エーディーエスエル【ADSL】

Asymmetric Digital Subscriber Lineの(りゃく非対称(ひたいしょうデジタル加入者線(かにゅうしゃせん(やくされる。従来(じゅうらいの電話回線(銅線(どうせん)を使って高速なデータ伝送(でんそうを行う技術(ぎじゅつをDSL(デジタル加入者線(かにゅうしゃせん)というが,ADSLは,端末(たんまつからノード(交換機(こうかんき)に伝送(でんそうするとき(上り)とノードから端末(たんまつ伝送(でんそうするとき(下り)の速度の(ちがうものをいう。光ファイバーが末端(まったんまで整備(せいびされるまでの過渡的(かとてき技術(ぎじゅつといわれるが,電話とは(べつ周波数帯(しゅうはすうたいを使うため,インターネットの常時接続(じょうじせつぞく可能(かのうとなり,高速アクセス回線(ブロードバンド)として普及(ふきゅうしている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP