メニュー閉じる

エーテル

酸素(さんそ原子に2(の炭化水素(すいそ(結合(けつごうした有機(ゆうき化合物R-O-R′の総称(そうしょう,またはエチルエーテルをさす。

エチルエーテル

化学式 C2H5OC2H5 無色(むしょくであまい刺激臭(しげきしゅうのあるねばりけの小さい液体(えきたい。ジエチルエーテルともいう。揮発性(きはつせい沸点(ふってん35℃)・引火(せいともに大きく,麻酔(ますい作用がある。エタノールに濃硫酸(のうりゅうさんをくわえ蒸留(じょうりゅうすると(られる。溶剤(ようざいとして多く利用(りようされる。

コーチ

長く空気中に放置(ほうちすると爆発(ばくはつ(せいの化合物を生ずることがあるので,保管(ほかんには十分注意する。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP