メニュー閉じる

エネブライト

水銀を利用(りようした無電極式(むでんきょくしき電球。日本のメーカーTOSMOが開発。電球内のコイルに高周波(こうしゅうは電流を流して誘導(ゆうどう電界(でんかいを生じさせ,それによって封入(ふうにゅうされた水銀原子が発する紫外線(しがいせん蛍光体(けいこうたいを発光させるというしくみ。単純(たんじゅん構造(こうぞうのため,LED(発光ダイオード)の1.5倍の寿命(じゅみょうがあり,使用電力もLEDの65%程度(ていどとあって,今後,LEDにかわる次世代の照明(しょうめい機器(ききとして注目を集めている。⇒発光ダイオード

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP