メニュー閉じる

*エネルギーほぞんのほうそく【エネルギー保存の法則】

地球上で,物体が重力だけの作用で運動しているとき,その物体の位置(いちエネルギーと運動エネルギーの和は一定にたもたれる。これをさらに拡張(かくちょうして,外からの仕事,(ねつや電気のエネルギーなどもふくめて,自然界(しぜんかい変化(へんか関係(かんけいする(そうエネルギー(りょうは,変化(へんかの前後においてつねに一定にたもたれるという法則(ほうそく。◇エネルギー不滅(ふめつ法則(ほうそくともいう。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP