メニュー閉じる

エノキタケ

日本各地(かくち分布(ぶんぷし,栽培(さいばいもされる食菌(しょっきん(食用キノコ)。かさの表面はいちじるしいねばりけがあり,黄色から黄褐色(おうかっしょく周辺(しゅうへん淡色(たんしょく)。晩秋(ばんしゅうから春にかけて,いろいろな広葉樹(こうようじゅ(クヌギ・コナラ・カキノキ・エノキ・ポプラなど)の(れ木の上に多数かたまって生える。広くほだ木栽培(ぎさいばいや,おがくずを使ったびん栽培(さいばいが行われ,店頭で売られている。びん栽培(さいばいのものはもやし(じょうで,全体が淡黄(たんおう色である。かさの直径(ちょっけい:2〜8cm,(の高さ:2〜9cm。(担子菌類(たんしきんるい キシメジ科)

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP