メニュー閉じる

エラスムス

(1466?〜1536)オランダの人文学者。近代思想の先駆(せんく者。1509年に『愚神礼讃(ぐしんらいさん』を書いて聖職(せいしょく者や王侯貴族(おうこうきぞくにするどい風刺(ふうしをあびせ,西ヨーロッパのルネサンス運動の先がけとなった。また『新約聖書(しんやくせいしょ』を研究し,宗教改革(しゅうきょうかいかくをうながした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP