メニュー閉じる

エラトステネスのふるい

自然数(しぜんすうを1から(じゅんに書きならべておいて,素数(そすうだけのこして,素数(そすうの表をつくる方法(ほうほう。エラトステネスが考えた。まず,1を消す(1は素数(そすうのなかまには入れない)。のこっている最初(さいしょの数2をのこして,それから2つめごとの数を全部消す。のこっている最初(さいしょの数3をのこし,それから3つめごとの数を全部消す。次にのこっている最初(さいしょの数5をのこし,それから5つめごとの数を全部消す。このようにしていくと,素数(そすうだけがのこって素数(そすうの表ができる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP