メニュー閉じる

エリトリア(国)

アフリカ中東部,紅海(こうかいにのぞむ新興(しんこう国。1993年5月,エチオピアの1州が分離独立(ぶんりどくりつして成立(せいりつ政体(せいたい一党制(いっとうせい暫定政権(ざんていせいけん。元首は大統領(だいとうりょう。首都アスマラ。1890年イタリアの植民(しょくみん地。1952年エチオピアとの連邦(れんぽう国家となり,1962年エチオピアの1州となった。その後,分離独立(ぶんりどくりつ要求(ようきゅうして中央政権(せいけん内戦(ないせんをつづけ,1991年にメンギスツ独裁政権(どくさいせいけんをたおして,独立(どくりつ準備(じゅんびを進めてきた。国土は,内陸(ないりくの高原と紅海(こうかいぞいの平野からなる。主産業(さんぎょうは牛・羊などの牧畜(ぼくちく綿花(めんか・タバコ栽培(さいばいの農業。面積(めんせき:11.8万km2,人口:525万。

国名の由来

ギリシャ語の「赤」,エリトゥラーによる。紅海(こうかい語源(ごげんでもある。

国旗(こっきの由来

緑は大地,青は紅海(こうかい,赤は闘争(とうそうによって流された血を表す。((えがくオリーブの枝の紋章(もんしょうは,独立闘争(どくりつとうそう勝利(しょうり希望(きぼうに満ちた国の姿(すがたを表す。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP