メニュー閉じる

*エルニーニョ

数年に1度,赤道太平洋(いきの海面水温が平年よりも高くなり,1年以上(いじょうつづく現象(げんしょう。南アメリカのペルー(おきでは,クリスマスごろから春にかけて,北から暖水(だんすいが進入して海面水温が高くなり,カタクチイワシ(アンチョビ)などが不漁(ふりょうになることがある。この現象(げんしょうをクリスマスにちなんで,スペイン語でエルニーニョ(神の子イエスの意味)とよんでいた。ところが数年に1度,この暖水域(だんすいいきが中部赤道太平洋(いきにまでおよび,海面水温が平年よりも1〜2℃,ときには2〜5℃も高くなり,1年以上(いじょうもつづく大規模(きぼ現象(げんしょうがおこる。現在(げんざいは,この現象(げんしょうのほうをエルニーニョとよぶ。

コーチ

この広範囲(こうはんいの水温異常(いじょうは赤道(いきの大気の循環(じゅんかん影響(えいきょうをあたえ,異常気象(いじょうきしょうをもたらすなど,世界の気候(きこうに大きな影響(えいきょうをおよぼしている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP