メニュー閉じる

えんご【縁語】

和歌の修辞法(しゅうじほうの1つ。和歌の中のある語と意味・内容(ないようのうえで関連(かんれんの深い語を意識的(いしきてきに使って,表現(ひょうげんのおもしろみをだしたり,余情(よじょうを深めたりするもの。

用例

「思えども人目づつみ高ければ (と見ながらえこそわたらね」で「高し」は「(つつみ」,「(わたる」は「川」の縁語(えんご

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP