メニュー閉じる

えんし【遠視】

平行光線が網膜(もうまくの後方に結像(けつぞうする目。眼球(がんきゅう先天的(せんてんてきに短い場合を軸性遠視(じくせいえんし角膜(かくまくやレンズの屈折(くっせつ力の低下(ていかによる場合を屈折性遠視(くっせつせいえんしという。新生児(しんせいじはおおむね軸性遠視(じくせいえんしであるが,成長(せいちょうするとともに,少年期では正常(せいじょうとなる。

コーチ

(とつレンズによって補正(ほせいすることができる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP