メニュー閉じる

えんどうしゅうさく【遠藤周作】

(1923〜1996)昭和時代の小説(しょうせつ家。東京(とうきょうに生まれる。1955(昭和30)年,『白い人』で芥川賞(あくたがわしょう受賞(じゅしょう。『海と毒薬(どくやく』『沈黙(ちんもく』『死海(しかいのほとり』『イエスの生涯(しょうがい』などの作品があり,カトリックの作家として宗教(しゅうきょうと文学の問題を追究した。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP