メニュー閉じる

エンパワーメント

本来の意味は「権力(けんりょくをあたえること」。もともとは組織(そしき現場(げんばなどに権限(けんげんをあたえ,学習しながら個人(こじん組織(そしき潜在力(せんざいりょくをひきだす企業経営(きぎょうけいえい手法(しゅほうのことをいった。しかし,近年では,ある自覚(じかくのもと個人(こじん組織(そしきが力(権力(けんりょく)をもつことで,外部に影響力(えいきょうりょく(およぼすようになることをさす言葉として使われるようになってきている。たとえばアメリカのキング牧師(ぼくしを中心にした公民権(こうみんけん運動,バングラデシュの「グラミン(農民(のうみん)銀行」の活動などをさし,とくに,2011(平成(へいせい23)年の東日本大震災(だいしんさいにおけるボランティア団体(だんたいのネットワークによる救援(きゅうえん復興(ふっこう活動が社会(てきに大きな影響力(えいきょうりょくをもって広がったことが「エンパワーメント」の(れいとして注目をあびた。ただし,この言葉自体には,よい・悪いの評価(ひょうかはなく,たとえば,かつての日本の連合赤軍(れんごうせきぐん,さまざまなテロ事件(じけんを起こしたアルカイダなどについても当てはまる言葉である。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP