メニュー閉じる

おうリン【黄リン】

赤リンの同素体(どうそたい。ふつう,うすい黄色のろう(じょう固体(こたい有毒物質(ゆうどくぶっしつ酸化(さんかされやすく,空気中でしだいに酸化(さんかされて自然(しぜん発火しやすいため,水中にたくわえて直接(ちょくせつ空気にふれないようにしてある。暗いところで黄リンを見ると青白く光って見える。これはリンの蒸気(じょうきが,おだやかに酸化(さんかされているからである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP