メニュー閉じる

*おおえけんざぶろう【大江健三郎】

(1935〜 )現代(げんだい小説(しょうせつ家。愛媛(えひめ県に生まれる。叙情性(じょじょうせいとゆたかなイメージをふくむ文体で,つねに現代(げんだいの問題と格闘(かくとうしている。代表作は『飼育(しいく』(芥川賞(あくたがわしょう受賞(じゅしょう),『個人的(こじんてき体験(たいけん』『万延元年(まんえんがんねんのフットボール』『(え上がる緑の木』などがあり,エッセイ集に『ヒロシマ・ノート』『沖縄(おきなわノート』などがある。1994年度ノーベル文学(しょう受賞(じゅしょう

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP