メニュー閉じる

**おおくぼとしみち【大久保利通】

(1830〜1878)幕末(ばくまつ明治(めいじ時代初期(しょき政治(せいじ家。薩摩藩(さつまはん鹿児島(かごしま県)の下級武士(ぶしの出身で,西郷隆盛(さいごうたかもりとともに薩長同盟(さっちょうどうめいの中心となって倒幕(とうばく運動に活躍(かつやくした。明治維新(めいじいしん後は,木戸孝允(きどたかよしとともに新政府(しんせいふ指導(しどうし,版籍奉還(はんせきほうかん廃藩置県(はいはんちけん努力(どりょくし,1871(明治(めいじ4)年に大蔵卿(おおくらきょう大蔵省(おおくらしょう長官(ちょうかん)となって,殖産興業(しょくさんこうぎょう地租改正(ちそかいせい方針(ほうしんを立てた。岩倉使節団(いわくらしせつだんの一員として外遊後,強い権限(けんげんをもった内務省(ないむしょう創設(そうせつし,内務卿(ないむきょうとして政府(せいふの事実上の独裁(どくさい者となった。征韓論(せいかんろんに反対し,自由民権(みんけん運動をおさえて,佐賀(さが(らん台湾出兵(たいわんしゅっぺい西南戦争(せいなんせんそうなどにも手腕(しゅわんをふるったが,不平(ふへい士族(しぞくのために暗殺(あんさつされた。

コーチ

 西郷(さいごう木戸(きどとともに,「維新(いしん三傑(さんけつ」の1人。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP