メニュー閉じる

**おおくましげのぶ【大隈重信】

(1838〜1922)明治(めいじ・大正時代の政治(せいじ家。肥前(ひぜん佐賀(さが藩士(はんしの出身。幕末(ばくまつ尊王攘夷(そんのうじょうい運動にくわわり,明治新政府(めいじしんせいふでは大久保利通(おおくぼとしみち伊藤博文(いとうひろぶみらに協力(きょうりょくして,政府(せいふ基礎(きそをつくることにつとめた。しかし,自由民権(みんけん運動がおこると,国会の即時開設(そくじかいせつ主張(しゅちょうして伊藤(いとうらと対立し,1881(明治(めいじ14)年に政府(せいふを追われた。このあと,立憲改進党(りっけんかいしんとうをつくって民権(みんけん運動を進め,帝国議会(ていこくぎかい開設(かいせつ後は立憲改進党(りっけんかいしんとう・進歩(とう憲政党(けんせいとう憲政本党(けんせいほんとう(ぞくし,議会政治(ぎかいせいじ活躍(かつやく。その間,2度にわたって内閣(ないかく組織(そしきした。◇東京専門(とうきょうせんもん学校(のちの早稲田(わせだ大学)を創立(そうりつした。

コーチ

 板垣退助(いたがきたいすけらの自由(とうがフランス流の急進主義(しゅぎだったのに対し,大隈(おおくま総理(そうり立憲改進党(りっけんかいしんとうは,イギリス流の比較的(ひかくてきおだやかな政党(せいとうであった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP