メニュー閉じる

オオスズメバチ

日本最大(さいだいのスズメバチ。秋に出現(しゅつげんした(めすバチは交尾(こうび後,モンスズメバチの廃巣(はいそう内や土中,マツのくさった土中の根の中などで越冬(えっとうする。翌年(よくねん4月下旬(げじゅん姿(すがたをあらわし,樹木(じゅもく空洞(くうどう,地下の空間などに(をつくる。秋には(最大限(さいだいげん発達(はったつし,他のハチ(るい(集団(しゅうだん攻撃(こうげきし,さなぎ・幼虫(ようちゅう(はたらきバチ・(おすバチなどをおそって持ち帰り,これを食料(しょくりょうとする。体長(たいちょう:26〜44mm。(られる時期(じき:5〜11(がつ分布(ぶんぷ北海道(ほっかいどう九州(きゅうしゅう屋久島(やくしま。(昆虫類(こんちゅうるい ハチ(もく スズメバチ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP