メニュー閉じる

おおだいこ【大太鼓】

打楽器(だがっきの1つで,太鼓(たいこ一種(いっしゅ

(1)洋楽の大太鼓(だいこはバス=ドラムともいう。洋楽で(もっとも大きな太鼓(たいこ丸胴(まるどうわくの両面に皮をはり,頭に玉をつけたばちで片側(かたがわの皮を打ち鳴らす。横から打って演奏(えんそうするが,行進のときは(かたにかけて用いる)で,主として吹奏楽(すいそうがく管弦楽(かんげんがくのリズム・拍子(ひょうしを打つ。

(2)邦楽(ほうがくの大太鼓(だいこ(中央部がややふくらんだ木製(もくせい(どうの両面に皮をはったもので,台の上に水平にのせ,短い2本のばちを使って打奏(だそうする)は,神楽(かぐらばやしや歌舞伎(かぶき下座(げざ音楽に用い,用い方によってやぐら太鼓(だいこ・祭り太鼓(だいこ・宮太鼓(だいこ・ひき太鼓(だいこなどという。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP