メニュー閉じる

おおたきひでじ【大滝秀治】

(1925〜2012)昭和・平成(へいせい時代の俳優(はいゆう新潟(にいがた県に生まれ,東京(とうきょうで育つ。高校を卒業(そつぎょう後,電話局に勤務(きんむ終戦(しゅうせん後の1948(昭和23)年,チラシを見て東京民衆芸術劇場(とうきょうみんしゅうげいじゅつげきじょう(のちの劇団民藝(げきだんみんげい付属俳優養成所(ふぞくはいゆうようせいじょに入所。劇団民藝(げきだんみんげい創設(そうせつ宇野重吉(うのじゅうきちに,かん高い独特(どくとくのかすれ声が俳優(はいゆうには向かないと指摘(してきされ演出(えんしゅつ部へ(うつる。50年の劇団民藝創設(げきだんみんげいそうせつ参加(さんか,52年の舞台(ぶたい(おかした(もの」で代役で出演(しゅつえんしたのをきっかけに俳優(はいゆうに転じたが,長く裏方(うらかた不遇(ふぐう時代が続いた。1970年,舞台(ぶたい審判(しんぱん」で紀伊國屋演劇賞(きのくにやえんげきしょう受賞(じゅしょうして注目をあび,以来(いらい劇団民藝(げきだんみんげい看板(かんばん役者となる。映画(えいが出演(しゅつえんは55年からあり地味な悪役などが中心だったが,70年代後半になると独特(どくとくの味わいのある脇役(わきやくとして大作映画(えいがには(かならずというほど出演(しゅつえんする存在(そんざい感を(しめし,代表作としては『不毛地帯(ふもうちたい』『あにいもうと』などがある。また,テレビドラマでも活躍(かつやくし,「特捜最前線(とくそうさいぜんせん」の刑事(けいじ役,「うちのホンカン」シリーズの警察官(けいさつかん役(主演(しゅえん)などで長くレギュラーをつとめた。舞台(ぶたい巨匠(きょしょう」「浅草物語(あさくさものがたり」「らくだ」などの(すぐれた演技(えんぎ劇団民藝(げきだんみんげいを支えつづけ,2011(平成(へいせい23)年7月の「帰還(きかん」が最後(さいご出演(しゅつえんとなった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP