メニュー閉じる

おおたどうかん【太田道灌】

(1432〜1486)室町(むろまち時代の中期の武将(ぶしょう。1457年に江戸城(えどじょう(きずいて居城(きょじょうとし,翌年(よくねん出家した。軍略(ぐんりゃくにすぐれ,主家の扇谷上杉氏(おうぎがやつうえすぎしのために大いに手がらをたてたが,主君上杉定正(うえすぎさだまさのために(ころされた。築城(ちくじょう兵馬(へいば・和歌など文武(ぶんぶにすぐれた。◇「七重八重花はさけども山吹(やまぶきの みのひとつだになきぞ悲しき」の山吹(やまぶきの歌伝説(でんせつは,道灌(どうかんが歌道にはげむきっかけとなったと(つたえられる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP