*げんろくじだい【元禄時代】

江戸(えど時代,元禄(げんろく年間を中心として第5代将軍(しょうぐん徳川綱吉(とくがわつなよしがおさめた(やく30年間(1680〜1709年)をいう。幕府(ばくふ政治(せいじの安定期にあたり,初期(しょき武断主義(ぶだんしゅぎから(ほう道徳(どうとく文化をとうとぶ文治主義(ぶんちしゅぎにかわったが,その反面,幕府財政(ばくふざいせい危機(ききがおとずれた。一方,産業(さんぎょう発展(はってんはめざましく,貨幣経済(かへいけいざい発展(はってんし,都市生活が向上した。それとともに新興(しんこう町人が進出し,上方(かみがた大阪(おおさか京都(きょうと)を中心に,明るく活気のある元禄(げんろく文化がさかえた。

PAGETOP