メニュー閉じる

ゴマダラチョウ

クヌギやヤナギ(るいなどの樹液(じゅえきに集まるチョウ。成虫(せいちゅうはふつう年2〜3回(東北や北海道では1回)発生する。幼虫(ようちゅうの食草はエノキやエゾエノキ。幼虫(ようちゅう越冬(えっとうする。開張(かいちょう:60〜85mm。(られる時期(じき:5〜10(がつ分布(ぶんぷ北海道(ほっかいどう九州(きゅうしゅう。(昆虫類(こんちゅうるい チョウ(もく タテハチョウ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP