メニュー閉じる

しきのみこ【志貴皇子】

(?〜715)『万葉集(まんようしゅう』の代表的(だいひょうてきな歌人。天智天皇(てんじてんのうの第7皇子(おうじ。「しきのおうじ」ともよむ。白壁王(しらかべおう光仁天皇(こうにんてんのう)の父。政治(せいじ上の実績(じっせき不明(ふめいだが,歌人として知られ,『万葉集』に6首おさめられ,おおらかでのびのびとした作風で知られる。◇「(いわばしる垂水(たるみの上のさわらびの (出づ(いずる春になりにけるかも」

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP