メニュー閉じる

じくうけ【軸受け】

回転運動または往復(おうふく運動をする(じくをささえ,その運動とくわわる荷重とを受けとめる部品。ベアリング。転がり(じく受けとすべり(じく受け(平軸(ひらじく受け)とに大別(たいべつされる。転がり(じく受けには玉軸(たまじく受け(ボール=ベアリング)と,ころ(じく受け(ローラー=ベアリング)がある。すべり(じく受けは,(じく(じく受けとの面が直接接触(ちょくせつせっしょくしているもので,大荷重に(えるが摩擦抵抗(まさつていこうが大きいので接触(せっしょく面間に潤滑(じゅんかつ油をひき,また接触(せっしょく面には(じく受け合金を用いて,磨耗(まもうしたらとりかえられるようにしてある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP