メニュー閉じる

しぐれ【時雨】

秋の終わりから冬の(はじめにかけてよくふるにわか雨。大陸(たいりくからつめたい空気がふきこんでくるときに,海水温が気温より高いため水蒸気(すいじょうき補給(ほきゅうされ,沿岸(えんがんなどに一時的(いちじてきに雨がふり,やんでからまたふるということをくりかえす。雨量(うりょうは多くない。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP