メニュー閉じる

シーシーディー【CCD】

電荷結合(でんかけつごう素子(そし。Charge Coupled Device。mOS(金属(きんぞく酸化(さんか(まく半導体(はんどうたい(がたコンデンサを格子状(こうしじょうにならべた集積回路(しゅうせきかいろのことで,個々(ここのコンデンサに(たくわえられた電荷(でんかをベルトコンベアのように転送(てんそうすることによって情報(じょうほう伝達(でんたつできる構造(こうぞうをもつ。このコンデンサ(素子(そし,デバイス)に(ひかり電気(でんき(える構造(こうぞう(みこみ,画像情報(がぞうじょうほう処理(しょり伝達(でんたつできるようにしたCCDが,デジタルカメラの「(」にあたる撮像素子(さつぞうそしであり,ほかにもOCR(光学的文字読(こうがくてきもじよみとり装置(そうち)やファクシミリなどに使(つかわれている。◇CCDを1969年に発明(はつめい開発(かいはつしたウィラード=ボイルとジョージ=スミスに,2009年,ノーベル物理学賞(ぶつりがくしょうがあたえられた。コンデンサ電荷(でんかデジタルカメラOCRファクシミリ

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP