メニュー閉じる

じしゅう【時宗】

鎌倉(かまくら時代中期,一遍(いっぺんが開いた浄土(じょうど教の一派(いっぱ鎌倉末期(かまくらまっきから室町初期(むろまちしょきにかけてさかんであった。この((そうは,人間はつねに死ぬときのことを考えて念仏(ねんぶつすることをすすめ,集団(しゅうだん(おど念仏(ねんぶつをとなえながら諸国(しょこくをめぐり歩いたので,遊行宗(ゆぎょうしゅうともよばれる。関東(かんとう地方中心に武士(ぶし庶民(しょみんに多くの信者(しんじゃがいた。神奈川(かながわ藤沢(ふじさわ市の清浄光寺(しょうじょうこうじ遊行寺(ゆぎょうじ)を本山とする。◇時宗(じしゅう(そうは,武士(ぶしにともなって戦場(せんじょうを歩き戦死(せんし者をとむらった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP