メニュー閉じる

しずたにこう【閑谷黌】

江戸(えど時代,岡山藩(おかやまはん庶民(しょみんの子弟のための学校。閑谷(しずたに学校ともいう。1668年,藩主(はんしゅ池田光政(いけだみつまさにより現在(げんざい備前(びぜん閑谷(しずたに庶民(しょみんの子弟教育のために創設(そうせつ(はんがつくった庶民(しょみんの学校としては(もっとも古く,当時の建物(たてものの一部も現存(げんそんし,講堂(こうどう国宝(こくほうとなっている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP