メニュー閉じる

しせんおおじしん【四川大地震】

2008年5月12日,中国中西部,四川(スーチョワン(しせん)(しょうアバ・チベット族・チャン族自治(じち(ウェンチュアン県を震源地(しんげんちとして発生した大地震(おおじしん震源(しんげんの深さは(やく19km,マグニチュード8.0(中国政府(せいふ発表),龍門山(ロンメンシャン断層(だんそう上に発生した内陸直下型地震(ないりくちょっかがたじしん震源(しんげんとなった断層(だんそうの長さは250〜300kmと大きく,断層(だんそう周辺では震度(しんど7〜6強のゆれを観測(かんそくした。地震(じしんのエネルギーは,阪神(はんしん淡路大震災(あわじだいしんさいの30倍以上(いじょうという。山の斜面の地滑(じすべりなどによる土砂災害(どしゃさいがい,もろい石積(いしづみの家屋が多いという住宅事情(じゅうたくじじょう被害(ひがいを大きくした原因(げんいんとなる。また学校の倒壊(とうかいによって多くの子供たちが犠牲(ぎせいになった。被害(ひがい(ウェンチュアン(ぶんせん),北川(ベイチュアン(ほくせん),綿竹(ミアンチュウ(めんちく)を中心に死者(やく7万人,行方不明者(ふめいしゃ(やく1万8000人,負傷者(ふしょうしゃ(やく37万人にもおよんでいる(2008年7月1日現在(げんざい,中国政府(せいふ発表)。日本の国際緊急援助隊(こくさいきんきゅうえんじょたいによる救助(きゅうじょ医療(いりょう活動も行われた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP