メニュー閉じる

しぜんしゅぎ【自然主義】

19世紀(せいき後半に広がった文学・芸術(げいじゅつの思想と創作態度(そうさくたいどのこと。自然(しぜん科学の発達(はったつや社会の矛盾(むじゅん増大(ぞうだい刺激(しげきされておこったもので,現実(げんじつを理想化せず,社会・人間・自然(しぜんをみにくいものもふくめて,ありのままにえがこうとした。フランスを中心におこり,ゾラ・フロベール・モーパッサンなどが代表。◇日本では日露戦争(にちろせんそう(1904〜05年)ごろから明治(めいじ時代の(すえごろまでさかんで,島崎藤村(しまざきとうそん田山花袋(たやまかたい国木田独歩(くにきだどっぽ正宗白鳥(まさむねはくちょうらに代表される。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP