メニュー閉じる

しぜんていぼう【自然堤防】

川の両(がわ土砂(どしゃ堆積(たいせきして自然(しぜんに生じた堤防(ていぼう(じょうの高まり。流水は両岸に近いほど,流速がおそくなるので,洪水(こうずいのときなど,両岸に土砂(どしゃ堆積(たいせきして堤防(ていぼうをつくる。

コーチ

まわりより少し高い土地になっているので,集落が立地したり,畑に利用(りようされている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP