メニュー閉じる

しぜんとじんせい【自然と人生】

徳冨蘆花(とくとみろか随筆(ずいひつ小品集。1900(明治(めいじ33)年(かん短編小説(たんぺんしょうせつ評伝(ひょうでんをのぞく87(へん散文(さんぶん詩。これらの散文(さんぶん詩は,自然(しぜんの写生を主にしたもので,「万有は神の聖書(せいしょだ。自分は自然(しぜんを通じて神を見たい」という言葉に表されるように,(けいけんな気持ちで自然(しぜん賛美(さんびしている。

コーチ

国木田独歩(くにきだどっぽの『武蔵野(むさしの』とともに,明治(めいじ自然(しぜん文学の代表作。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP