メニュー閉じる

しぜんほご【自然保護】

自然(しぜん尊重(そんちょうし,これをそのままにのこそうという考え。かつては,人間を別格(べっかく存在(そんざいとし,人間が人間以外(いがい自然物(しぜんぶつ保護(ほごしてやろうというような立場がとられていた。しかし現在(げんざいでは,無軌道(むきどう人類(じんるいの活動によって自然(しぜん破壊(はかいされ,人類(じんるいをもふくんだ自然(しぜん危機(ききにひんしてきていることから,人間も自然(しぜんの一員であるという認識(にんしきに立っている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP