メニュー閉じる

しぞくのしょうほう【士族の商法】

明治維新(めいじいしんのさい,失業(しつぎょうした武士(ぶし士族(しぞく)がなれない商売に手をだして失敗(しっぱいしたことをひにくった言葉。不平士族(ふへいしぞくを生むとともに,かれらがてばなした公債(こうさいは商人の手をへて,民間産業(みんかんさんぎょうをおこす資本(しほんに転じた。

コーチ

士族(しぞくのなかにも,三菱(みつびし商会をおこした岩崎弥太郎(いわさきやたろうのような成功(せいこう者もいた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP