メニュー閉じる

しちがつかくめい【七月革命】

1830年7月,フランスでおきた市民革命(しみんかくめい。ウィーン会議(かいぎ後,フランスではブルボン朝が復活(ふっかつして反動政治(せいじを行った。とくにシャルル10世が,議会(ぎかい解散(かいさんし,出版(しゅっぱん制限(せいげん選挙法(せんきょほう改悪(かいあくを行ったので,パリで市民(しみん労働(ろうどう者・学生が蜂起(ほうき。この結果(けっか,国王はイギリスに亡命(ぼうめいし,このあと,大資本(しほん家らに支持(しじされたオルレアン家のルイ=フィリップが即位(そくいした。これを七月王政(しちがつおうせいという。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP