メニュー閉じる

しちごさん【七五三】

毎年11月15日に3(さいと5(さいの男の子,3(さいと7(さいの女の子が,神社(氏神(うじがみ)や寺におまいりして,成長(せいちょうをいのり(いわう行事。古く奈良(なら・平安時代から皇室(こうしつ貴族(きぞくの間で行われていたが,江戸(えど時代になって(いわい日もきまり,民間(みんかんでも行われるようになった。今でも,地方と都会の(べつなく家庭で行われる行事となっており,晴れ(を着た子どもたちが,千歳(ちとせあめを買って帰り,赤飯(せきはんをたいて(いわうのが,ならわしである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP