メニュー閉じる

しっくい

(かべの仕上げにぬる材料(ざいりょうの1つ。ツノマタ・フノリなどを((しるに,石灰(せっかい(すななどをくわえたもの。ぬった後で,石灰(せっかいが空気中の二酸化炭素(にさんかたんそ吸収(きゅうしゅうしてかたまる。◇飛鳥(あすか時代ごろから広く使われ,白壁(しらかべの美しい町(みを生んできたが,石こう・セメントの出現以後(しゅつげんいごは,あまり使われなくなった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP