メニュー閉じる

じっぺんしゃいっく【十返舎一九】

(1765〜1831)江戸(えど時代後期の戯作者(げさくしゃ。本名重田貞一(しげたさだかず駿河(するが国(静岡(しずおか県)に生まれる。はじめ大阪(おおさかに出て浄瑠璃(じょうるり脚本(きゃくほんを書いたが,のち江戸(えどにうつって黄表紙(きびょうし通俗的(つうぞくてきな絵入りの読み物)・滑稽本(こっけいぼん(わらいを目的(もくてきとした小説(しょうせつ)を書いた。1802年に初編(しょへんを出した『東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ』が大当りして一躍(いちやく流行作家となり,以後(いご21年間にわたって続編(ぞくへんを書いた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP