メニュー閉じる

じとう【地頭】

鎌倉(かまくら時代,源頼朝(みなもとのよりとも各地(かくち荘園(しょうえん公領(こうりょうにおいた(しょく御家人(ごけにん任命(にんめいされ,土地の管理(かんり年貢(ねんぐ徴収(ちょうしゅう警察(けいさつの仕事をした。国ごとに設置(せっちされた守護(しゅごとともに,幕府(ばくふが全国を支配(しはいするうえで大きな役割(やくわりをはたしたが,南北朝(なんぼくちょう時代には,力を強めた守護(しゅご家臣(かしんとなっていった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP