メニュー閉じる

しぶぞめいっき【渋染一揆】

幕末(ばくまつに,岡山藩(おかやまはん被差別民(ひさべつみんがおこした一揆(いっき財政難(ざいせいなんに苦しむ同(はん領内(りょうない倹約(けんやくを命じたさい,1855年,被差別民(ひさべつみんに対して「(もんをつけない渋染(しぶぞめまたは藍染(あいぞめの着物以外(きものいがいは着用まかりならぬ」などの通達(つうたつをして,差別(さべつの強化をはかった。このため,これに抗議(こうぎした被差別民(ひさべつみん数千人が(よく1856年,強訴(ごうそにおしかけ,この法令(ほうれいを空文(何の役にもたたない文章)に等しくさせて,その実力を(しめした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP