メニュー閉じる

シベリアこうきあつ【シベリア高気圧】

冬にシベリアに発生する高気圧(こうきあつ。世界最大(さいだい規模(きぼをもち,(もっと発達(はったつしたときにはシベリアとヨーロッパ東部をおおい,中心はモンゴル付近(ふきんにある。天気図上には9月ごろからあらわれはじめ,真冬に最強(さいきょうとなり,夏にはまったく消滅(しょうめつする。乾燥(かんそうした寒冷(かんれい高気圧(こうきあつで,その域内(いきないにはシベリア気団(きだんが発生する。

コーチ

中心の気圧(きあつは世界で(もっとも高く,1080hPa(ヘクトパスカル)以上(いじょうになることもある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP