メニュー閉じる

タンブリン

楽器(がっき一種(いっしゅ。円形のわくに動物の皮をはった手太鼓(だいこで,わくの周囲(しゅういにシンバルの小型(こがたのもの(ジングルス)数(をとりつけたもの。ふつう右手の人さし指・中指・薬指の3本の指がしらで,皮面を打って鳴らす。強い音を出すときは,手前のわくに近い部分を弱く打つ。音色は明るく軽快(けいかいで,いろいろな奏法(そうほうがある。リズム楽器(がっきとして使われることが多い。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP