メニュー閉じる

とうやこサミット【洞爺湖サミット】

2008(平成(へいせい20)年7月7日から3日間の日程(にっていで,日本が議長国(ぎちょうこくになって,北海道(ほっかいどう洞爺湖(とうやこ(はんで行われた主要国首脳会議(しゅようこくしゅのうかいぎ(サミット)。主要(しゅよう8か国首脳(しゅのう(G8)とEU委員長が参加(さんか拡大(かくだい会合には国連事務総長(こくれんじむそうちょう,アフリカ7か国(アルジェリア,エチオピア,ガーナ,ナイジェリア,セネガル,南アフリカ,タンザニア),発展途上(はってんとじょう5か国(中国,インド,メキシコ,ブラジル,南アフリカ)なども出席(しゅっせき,また各国(かっこく間の個別(こべつ首脳(しゅのう会談も行われた。主要議題(しゅようぎだいは,地球温暖化対策(おんだんかたいさくなどの環境(かんきょう問題,食糧価格(しょくりょうかかく原油価格(げんゆかかく高騰(こうとうが問題になっている世界経済(けいざい,アフリカ支援(しえんなどについてだった。しかし,目下の緊急課題(きんきゅうかだいである経済(けいざい問題やアフリカ支援(しえんはあまり成果(せいかは上がらず,温暖化対策(おんだんかたいさくについては,2050年までの世界全体の温室効果(こうかガス半減(はんげんという長期目標(もくひょうを目指すという首脳宣言(しゅのうせんげんにとどまり,具体(てき方針(ほうしん国連(こくれん気候変動枠(きこうへんどうわく組み条約(じょうやく締約国会議(ていやくこくかいぎ(COP)にゆだねられた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP