メニュー閉じる

とかちおきじしん【十勝沖地震】

1968(昭和43)年5月16日,青森(あおもり県東方(おきの日本海溝(かいこう北部のプレート境界(きょうかいに発生した,マグニチュード7.9の巨大地震(きょだいじしん青森(あおもり函館(はこだてなどで震度(しんど5,北海道(ほっかいどうから本州中部地方まで有感。青森(あおもり県を中心に被害(ひがい,死者52人,負傷(ふしょう者330人,全壊(ぜんかい家屋673。津波(つなみ三陸沿岸(さんりくえんがんで3〜5m。◇鉄筋(てっきんコンクリート建物(たてもの被害(ひがいが目だち,この地震(じしんをきっかけに柱の設計法(せっけいほうがかわった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP