メニュー閉じる

ときのきねんび【時の記念日】

6月10日。671年4月25日(太陽(れきになおすと6月10日),天智天皇(てんじてんのうがはじめて水時計を用いたと『日本書紀(にほんしょき』にあるが,このことを記念(きねんし,時間の尊重(そんちょう厳守(げんしゅをすすめるため,1920(大正9)年からもうけられた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP